あこがれの女の子

会社の廊下を俺の方に向かって歩いてくる子は、俺と同期入社であこがれの女の子だ。もちろん、俺と彼女は顔見知りだ。 
彼女はニコニコと微笑みながら、俺に近づいてくる。 
俺と彼女との距離が2mぐらいまで縮まったとき、彼女はこぼれるような笑顔で「お疲れさまっ!」って言った。 
俺もすかさず、挨拶を返そうとしたら、彼女は俺をスルーし、俺の後ろから歩いてきた男に「資料、机の上に置いといたから」なんて言ってる。 
 


俺は今まで生きてきて、「そんなの、眼中にねーよ!」というセリフを何回吐いたか分からない。 
実際のところ、「そんなの」という対象を意識している時点で、取りあえず眼中にはあるわけで、「眼中にねーよ!」と言うことによって、意図的に無視しようとしているわけだ。 
 
今日の彼女の廊下での振る舞い、あれが正真正銘の「眼中にない」という意味だろう。

コメントの投稿

Secre

プロフィール

えむわん

Author:えむわん
当サイトは、主に2ちゃんねるの萌えた体験談コピペスレより、
さらに萌えるコピペのみ厳選したサイトです。

ここに掲載されている体験談は、ほとんどが作者の妄想から生まれたものです。
実在の人物、事件とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR