職場にすごく好きな子がいる。

職場にすごく好きな子がいる。 
ちっちゃくって、ちょっと舌っ足らずで、あどけなくて、笑顔がすごくかわいい。 
今日、彼女がちょっとかがんだとき、チラッとブラが見えた。ピンクだった。 
刺繍?レース?なんか綺麗な柄で大人っぽい感じ。パンティもおそろいなんだろうな。 
服の上から彼女の下着姿を想像したりしてた。ラッキーな一日だ、とか思いながら。 
 


昼休み、彼女が同僚に嬉しそうに話しているのが聞こえた。 
「今日、彼氏のお誕生日で食事に行くんです」 
とたんに目の前が真っ暗になった。 
食事の後は当然セックルするだろう。彼氏の誕生日なんだから。 
つまり、さっき見えたブラは、夜には彼氏に脱がされるために選んだものだったんだ。 
 
彼氏は、おれが目の端に少し映っただけでボッキしそうになったその布切れを、何ら 
感ずることなく彼女から剥ぎ取り、恥ずかしがって胸を隠す彼女の両腕を優しくほどき、 
おれが決して見ることはないそのブラの中身にくちづけ、吸い、軽く噛んだりするんだろう。 
おそろいのパンティには、彼女の期待と興奮で濡れ、染みができている。 
その脇から彼氏は指を差し込む。 
ぐちょぐちょに濡れたパンティーを彼氏が脱がそうとするとき、 
彼女は脱がせやすいようにちょっと腰を浮かせたりするだろうか。 
そして彼氏は、おれが決して触れることも見ることもかなわないその奥に舌を這わせ、彼女の味を味わうのか。 
 
そんなことをされると分かっていて、どうせ脱がされると分かっていて、 
彼女はそのブラとパンティを彼氏のために選んだんだ。 
どこがラッキーな一日だよ。 
昼休み、マックにでも行ってりゃ良かったよ。ちくしょう。

コメントの投稿

Secre

プロフィール

えむわん

Author:えむわん
当サイトは、主に2ちゃんねるの萌えた体験談コピペスレより、
さらに萌えるコピペのみ厳選したサイトです。

ここに掲載されている体験談は、ほとんどが作者の妄想から生まれたものです。
実在の人物、事件とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR