「2分で決めて。」



709 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 14:30:37
大学のサークルで嫁がほぼ幽霊部員状態だったんだけど、
チャラ男2人がサークル旅行に嫁を連れ出すために
姑息な作戦をたてて嫁のアパートに向かったんだ。
姑息すぎて腹がたったので阻止してやった。

「もしもし、今から××と△△がそっちに行くから居留守した方がいいよ」
「え、誰ですか?」
「あ、俺は○○(サークル名)のメンバーだけど。それじゃガチャ」

名乗らなかったのはカッコつけたわけじゃなくて、
チャラ男2人にバレたら面倒だったから名乗らなかった。



713 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 18:10:33
kwskというか一応書くと、
嫁は相変わらず滅多にサークルに来なかったから
電話の主が俺だってバレなかったんだけど、
半年後ぐらいに特定されてしまった。

サークル内で全員にアンケートをとる企画があって
例えば、「優しい人ランキング」とかだけど、
その時に各部門1位の人のコメントも載せたんだ。

んで、その編集を俺のアパートで3人ぐらいでやってたんだ。
当時PCを持ってる一人暮らしは俺だけだった。
んで、確か嫁は、ネコッぽい人とか女スパイっぽい人とか
4部門ぐらいで1位だったんだけどコメントが取れてなくて、
友達が取材の電話をしたんだ。その時に成り行きで俺も
電話に出る事になって、話しているうちにバレたって感じ。

716 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 19:33:22
>>714
「一人暮らしの部員の冷蔵庫を借りて
旅行に持っていくペットボトルを凍らせてる」と嘘をつき、
だから協力しろって言って、ペットボトルを嫁に預ける。
んで、後から電話して、「ペットボトルを預かった人は
持参して参加してくれないと皆が困る」って言って来させる。

727 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 22:04:51
>>718
いつものメンツは正直パッとしない子が多くて、
チャラ男達はいつもブチブチ文句たれてた。
んで、旅行は普段来ない子と楽しみたいって感じだったような。

732 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 23:07:58
>>731
嫁のキャラが結構強烈だから気がひけるけど、、、

「明日はサークルいくの?」ってたまに嫁から電話がかかってくるようになった。
そして行くと答えると嫁も来てた。チャラ男達は喜んでたな。
「サークルに行ってもいいけど、常識ある男が一人は来てないと不安」
だから俺に確認してるだけと言ってた。

そんな感じで次のサークル旅行にも来たんだ。
んで、肝試しの時にギュッて手を握られた。
「なに?怖いの?」
「私と付き合わない?」
「え」
「嫌なの?」
あまりに唐突で思考が止まって、急に思い出して
「で、でも、今他の子にも告白されてるし」←モテ期で二人から告白されてた。スマン。
「誰?私が断り方を教えてあげる。」
「ちょっと考えさえて」
「どれぐらい?」
「二日ぐらい」
「2分で決めて。」
って感じで肝試しが終わる頃には彼氏になってた。

こうやって思い出すと主導権は常に向こうにあった。
初Hの時もTV見てたら、いきなり処女のくせに
「胸さわりたい?」って言われたし。
「いや、まずキスがしたい。」って言ってキスしてもらった。

744 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 20:43:05
初Hっていうか、その後に手を取られて
服の上から胸に当てられた。
「・・・わかる?」
「んー、なんとなく」
「何でよ!わかるでしょ!!」
って感じだった。

>>740
エピソードはあるにはあるけどスレ違いなような。
書くなら>>741なんかな。


748 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/21(火) 23:06:25
>>746
何のアニメか知らないけど、大きく分けたら当たりかも。
当時はそんな髪型もしてたし。金髪ちがうけど。

>>747
じゃあ、今後もし書けそうならそっちに書かせてもらうよ。






718 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 00:37:48
他スレで嫁の変人ぶりを書いたんだけど、
結婚に至った過程ということで
好きな気持ちが固まった出来事を書いてみる。

彼女(嫁)は
・身長は小さいものの、スレンダー体型で姿勢が異様に良い
・元々ネコみたいなキっとした顔をしている上にしっかりメイク
・「チャラ男とデブは生きる価値無し」と公言してはばからない
・「地球は自分で回しなさい」と説教する。
こんな感じなので高圧的な人物に見える。実際そうだが。

そして、俺にも命令口調が多かった。
一番最初にビビッたのは、練習を終えて講義受けてたら、
「もう我慢できない!汗臭い!帰ってシャワーを浴びてきなさい!」
って言われた事かな。みんな唖然としてたな。

いつもそんな感じで、俺のイメージする彼氏彼女とはえらい違いだった。
「ちょっとご飯いかない?」って言っても、
「あのさ、急に言うとか無理だから。常識わきまえてね。」って言うし、
なんか不思議になって、「えっと、付き合ってるんだよね俺達?」って聞くと
「はあ?馬鹿じゃないの?当たり前じゃない。」て怒る。

そんなこんなで、ある日、サークルのメンバーから電話がかかってきた

719 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 00:52:28
「お前、○○と付き合ってるの?」
「ん、ああ、一応」
そいつはサークルの副部長で、頭とルックスもよくてモテてた。
彼女もそいつの事は割りと評価してた。面倒見がいいとか言ってたかな。
その評価が何故かそいつの耳に入ったらしく、自分に脈があると思ったみたい。
彼女に告白したいらしい。でも、俺が彼女と親しげにしてる。
そのわりに彼氏っていう感じにも見えない。それで確認の電話というわけだ。
「それ、お前の勘違いじゃないの?」
「いや、ん~、付き合ってるはずだよ。」
ちょっと覚えてないけど、多分この電話で諦めてくれたんだと思う。


728 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 10:06:55
んで、それから俺は副部長の行動が気になるようになった。
やっぱいい男なんだよ。いつも女子が群がってた。
彼女も「副部長君、大人気だね。」って呆れた感じで言ってた。

彼女がサークルに来るようになってからは、
幽霊部員だった他の子達も来るようになった。
いつもその中心にいる彼女を見て「太陽」みたいだと思ってた。

依然として、彼女は俺に対しては冷たい感じだった。
そのくせ、副部長とは割りと楽しそうに話すんだよな。
高圧的な口調は変わらないけど、副部長は余裕で切り返す感じで。
そういえば、副部長は今弁護士やってる。
サークルの中心がこの2人になるにつれて、
俺は嫉妬みたいな感情を持つようになってた。

729 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 10:12:35
ある日、サークルに行く前に廊下の椅子に座ってたら
過去に俺に告白した×子が横に座ってきた。
この子はサークルの古株メンバーだ。
「俺君と彼女さんの馴れ初めを教えて欲しい」と言う。
俺は最初は躊躇ったが、結局彼女の事をいろいろ話した。
「それ付き合ってるって言えるの?」
「副部長君の事が好きだと思ってた。皆そう思ってるよ。」
という感じの事を言われた。凄く不安でモヤモヤするようになった。

そんな中、俺の誕生日が近づいてきて、
誕生日には手料理が食べたいというと、アッサリ断られた。
その時何かがはじけた。


732 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 10:31:03
「もういい!別れよう!?そうだ、副部長と付き合えば?付き合いたいらしいぞ。」
「え、何それ、どうして怒るの?どうして?」とオロオロしてた。初めて見た。
「別れるも何も付き合ってるって言えるのかコレ!?彼女なら料理ぐらい作ってみろよ!」
「無理!!でも付き合ってるよ!」
「ふん、お前だって副部長はいい男だってって言ってただろ。好きなんじゃねーの!」
「そんなワケないじゃん!!・・・・・・・次元が違う」
怒ってるのに、なんかビビっと来た。何かを変えるチャンスはココしかないと。
「次元って何の次元だよ?」
「・・・・・・好きの」
「はあ?」
「だから、好きの!」
「ふん、俺の事なんか嫌いじゃないの?いつも下に見てるし。」
「・・・・」
「何とか言ってみろよ。」
「好きだよ!好き!!悪い?大好き!何よ、あんたも好きって言ってよ!」
って逆ギレされたけど、なんか全身の力が抜けて涙が出た。
「ちょっと!泣かないで!私が悪いみたいじゃない!」って言われたけど
話は聞いてくれた。その後、不安だった事や×子に言われた事なども話した。
それ聞いて「ふーん、なるほどね。分かった。」と言っていた。


734 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/09/23(木) 10:48:45
それで俺の誕生日に彼女が来いというからアパートに行った。
ちなみに玄関より先にあがったのはこの時が初めて。
テーブルの上に親子丼みたいな物があった。
「まずくても全部たべてよ」
凄く量が多かったけど全部食べた。味は普通に美味しかった。
彼女が残した分まで食べた。ちょっとドキドキした。
「あと、これ」と言って、箱をもらった。
開けてみると指輪だった。
「結構モテるって忘れてたわ。変な虫も寄って来てたみたいだし。」
「え」
「それを左にしておきなさい。」
そう言う彼女の指を見ると同じ指輪がされていた。
カルティエのペアリングだった。

それ以降、彼女はこういう人なんだって分かって不安にならなくなった。
冷たくされても「へー、それって好きの裏返しでしょ?」っていう余裕もできた。
告白されたのは俺だったけど、いつのまにか俺の方が好きになってたのかも。
卒業してから何回か大きな波乱もあったけど、いつもその指輪を見て、
この時の気持ちを思い出して乗り越える事が出来た。

変人ぶりが控えめのエピソードでゴメン。

露出は最高

大学3年のとき、女子寮を出てアパート住まいを始めました。
アパートにはお風呂が付いていなかったので銭湯に通うことになりました。
番台には男の人が座っており、その人が見ている前で裸になることに、生まれて初めて銭湯の暖簾をくぐった日からゾクゾクするようなものを感じました。



ある日、脱衣場で裸になった丁度そのとき、番台の男の人と視線が合いました。
次の瞬間、ジワーとしたものがアソコに溢れてくるのを感じました。
それからというもの、別の銭湯に行っても、番台に男の人が座っているのを見ただけで、アソコが濡れてくるようになりました。
アパートでは、番台から男の人に裸をじっと見られている様子を想像しながら、オナニーしました。

卒業後はお風呂付きのマンションに引っ越したのですが、それでも暇を見つけては銭湯に通いました。
学生時代にすでに処女は卒業していましたし、OLになってからも付き合っている男性はいました。
それでも私の性癖は治まるどころか、ほとんど露出趣味にまで発展しました。

裸になって、前も隠さず番台に使い捨ての石鹸を買いに行ったり、脱衣場でわざと上体を深く屈めたりしました。
お尻を番台の方に向けて上体を深く屈めると、番台の男の人の視線が私のアソコに注がれるのを感じます。
見ていない振りをしながら、やはり番台の男の人は女の客の裸をこっそり見ているのです。
そんなときは、愛液がアソコから溢れてくるようなスリルと快感を覚えました。

マンションに帰ると、番台の男の人に脱衣場で後ろから挿入されて、乳房を揉まれながら中出しされ、白濁の精液が床に垂れるという場面を想像しながら、オナニーしました。
銭湯の女湯で番台の男の人に無理矢理犯されるというストーリーのAVなら、タダでもいいから出演してみたいなんてことも夢想しました。

20代後半で今の主人と結婚しました。
主人は精力絶倫で毎晩のように求められ、オルガスムスを体験したことや、郊外の一軒家に住むようになり銭湯に通えなくなったことで、私の露出趣味もやっと治まりました。
しかし今でも、上体を深く屈めた私の股間から剥き出しになったアソコを、番台から男の人がじっと覗いている様子を想像すると、愛液が溢れてきます。
そんなとき一人で耽るオナニーは、主人に抱かれているときとはまた違うオルガスムスを感じさせてくれます。

私は6年生まで銭湯の男湯に入っていました。

私は6年生まで銭湯の男湯に入っていました。 
家の近くにあった銭湯ですが、私一人で通っていました。 
なので親は一緒じゃないです。 

もうその頃はオナニーを知っていて、 
しかも、すでに露出の気があったんだと思います。 
体を洗うときも頭を洗うときも足は広げたまま。 



湯船に入るときもふちにわざとしゃがんだりして、 
おじさんや男の人たちにあそこをわざと見せていました。 

知らないおじさんに「おっぱい大きくなったなぁ~」なんて 
湯船の中で揉まれることもよくありましたが、
私ははしゃいでいる振りをしてさわらせていました。 
無邪気な振りをして男の人に後ろからおんぶしたりもしていました。 

時々知らないおじさんに体を洗ってあげると言われて 
洗ってもらっていました。 
割れ目のところも念入りに・・ 
私はすごく感じていたけど「くすぐったいよ~」なんてごまかしていました。 

6年生でだいぶ胸も膨らみ、体はどんどん大人になっていきました。 
それでも私は何も知らないふりで・・ 
自分でするオナニーと言うか知らない男の人に触ってもらうことが 
当時の私のオナニーでした。

胸チラゲット!

807 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/09/23(木) 12:53:26 ID:lkOqeLXg0
商業施設のキッズスペースみたいなところで、嫁の買い物中に子供(2歳)を遊ばせていた。
平日昼間だったので貸切状態。
数分後、1歳半~2歳ぐらいの子供を連れた見知らぬママが登場。年は30過ぎくらいか。
胸元が大きく開いた服だったので、ブラちら・谷間ちらぐらいあるかも!とばれない程度に気にしてた。



初対面でも子供同士は遊べたりするもので、すぐに仲良しに。親同士絡むとかは面倒なので一定の距離を とり遊ばしていた。
しばらくして、椅子に座る私のもとへ駆け寄る我が子。あちらのお子さんがそれを追い掛けたが私の前で バランスを崩し派手に転び泣く。
我が子の様子を見に来たあちらの母親は抱き起こすために私の目の前で前かがみに。。。
神様ありがとう、谷間いただきました。。。
!!!!いや、驚きました。目を疑いました。谷間どころの騒ぎではありませんでした。
今までそんなものは都市伝説。そんな女性いる訳ないし拝めるはずがないと思っていた ノーブラの乳房が!

目を凝らして見ると、乳首までが!!!そう、目を凝らせるぐらいの長時間に渡り、子供と遊ぶ奥様の おっぱいを堪能!

808 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/09/23(木) 12:54:07 ID:lkOqeLXg0
そんなに大きくはなくやや小ぶりな乳房は、子育て中の母親独特のしぼみかけ・崩れかけの乳房で、ハリはないが
優しさが感じられる乳房。脇に向けて少しシワがあり、乳首周辺にも子供に吸われまくった証のシワとポツポツが見えた。
小指の先ほどの乳首に500円硬貨を一回り大きくしたぐらいの乳輪、色は肌の色より少し濃いめで、もう少しグロイ 色ならより興奮したのに。。。

こちらとしてはわざわざ見に行ったのではなく、あちらが来て勝手に見せてるだけなので不振がられる筋合いは
ないはずだが、10数分後私の視線に気づいた奥さんがノーブラだったことを思い出したのか、嫌な顔ではなく明らかに
顔を赤らめ恥かしい顔をし照れ隠しにか胸元についてたリボンのデザインを気にし「しまった」的な表情を していたのが逆に萌え萌えだった。

この類のスペースでは母親は結構ルーズ。だけど子供がいない男は近づけない。
それからこの商業施設自体にもう2度と行かないぐらい自分の居住地域生活圏から離れているので 終始堂々としていられた。
長文ごめんね

銭湯にて2

あれからしばらく、中1の終わりまで、銭湯に行かず。

H経験も無くて、普通の生活をしてたんですが、
頭の隅に大人のでっかい「ち●ち●」が見たいなぁーと願望があり
お父さんとお風呂に入っても、気持ちが埋まらない。

ずっと銭湯に行きたいと思ったある日
親が出かけ一人で留守番しているときに銭湯に行こうと思ったんです。
準備をして、ドキドキと銭湯に行き、久ぶりの男湯の脱衣場。

この銭湯は、受付と脱衣場が別で簡単に入れるんです。
かなり、年寄りの人なんで、子供には警戒がないよです。



服を脱ぎ、中に入ったんですが、夕方5時頃なんで人が少ない(3人)
お風呂に浸かったり、出たりと時間をつぶしていると、段々増えて来ました(8人位)

久ぶりの光景にチン●を眼見してたと思います。
回りも、私を見てたと思いますが、気にならない私。

半立ちや完全に勃起してる「チ●チ●」が目の前を通ります。
私は、当時陸上部に入り、髪形がショートだった為
後ろ姿は、男の子に見えてたようです。
振り向くと、「わぁー」とビックリしてた人もいます。

少しのぼせたので、2階の露天風呂に上がり、
思い出のベンチで、寝転んだんです。ボーっとしていると
慌てて何人か出ていくんです。(ドタバタと)
あの時の事を思い出してきて、無意識に股が開いてました。
露天に入ってる人から丸見えで、大人のほうが恥かしくなり
飛び出したんだと思います。

おじさん2人、まだ私の開いた股間を見つめていたようなんですが
そのまま、マン●を久々に軽くイジってから下に降りて行きました。
ジュースを買いに脱衣場に飲みながら、観察。。
段々大きくなるチン●が不思議だったんでです。
色々な形や色。大きさ。と私が見つめていると対外の人は大きくなります。
ベンチに座る私の目の前で、勃起したチン●を見せ付けて拭く、おじさん
心の中では、凄く嬉しくて、マジマジ見て触りたくなる私。
流石にそこまでの勇気と行動は取れません。

それから、中に入ると沢山の大人。(15人位)
ワザワザ混んでる洗い場を狙って座るんです。
洗いながら、両隣のチン●をチラチラと眺めていると、
すぐにビンビン立ってます。隠すように皆洗ってます。
おじさん達に見えるように洗い流したりもするし!
私、頭を洗うとオシッコしたくなるんです。
だから、オシッコも椅子からマン●突き出して
両サイドのおじさんに見えるようにジョジョーします。
気付いたおじさんは、眼見状態です。
一度だけ、怒られたことありますが・・(許して)
それから最後に一浸かりして、もう8時。。銭湯に3時間もいた私でした。

こんな感じで、2~3ヶ月に一回のペースで中3まで銭湯に(男湯)
親の目を盗んで行っていたんです。


えっ。。悪戯されないのかって?

されますよ・・おじさんの肘が、胸やお尻に当たってきますよ。
勃起した「ち●ち●」を頭や顔にビシ!と当てて来るおじさんも・・(嬉かった)
流石に銭湯で、それ以上はないですね。。私もおじさんも勇気いると思います。


あっそうだ!別の話になりますけど、一度だけ友達3人と入ったんです。
中3の夏休みに友達の家で勉強していたら、Hな話になり
私の好きなチン●の話になりました。。(私がしたくて)
銭湯に行くと面白よ。チン●の面白さに話すと私が行きたくなり
おごるからとゴーインにまゆちゃんとふーちゃんを連れ銭湯にいったんです。

いつものように男湯の脱衣場、恥かしそうに脱ぐ二人。
ほとんど、チン●を見たこと無いので、ドキドキすよーて言いながら中に。
驚いたおじさん達!みんな目を大きく開いてた!

脱衣場で、気づいたんですが、まゆちゃんもふーちゃんも、細身で出るとこは出て
幼児体型の私と違いナイス・ボディ!羨ましい私・・
おじさん達の視線を感じながら、湯に浸かり雑談しながらチン●を観察。

始めは、照れてオドオドしていた友達も、いつの間にか堂々に全てを露に。
おじさん達も、見比べるかのように眺めてた様子。
湯に浸かってるおじさん達のチン●立たせようとまゆちゃんとふーちゃんに
回りに聞こえないように伝え、湯船の端で「M」開脚姿で雑談。

三人のマン●丸見えなんで、凄い視線を感じました。
もう、勃起した物ばかりで、チラチラ観察しながら、2階の露天へ
露天に上がると誰も居ない、みんなにチン●どう面白いでしょと
話したら、デカイ!ピンク!皮が黒いなど形が面白いと話し出して、楽しそう。

しかし、自分の裸を見られるのは、やはり恥かしいよ。嫌だよ。
しかし見られてるときのおじさん達の様子は面白いでしょって言ったら
おもろい。はまる。なんて話してたら、露天におじさん達が続々と入って来た。
おじさん達は私たち三人の湯船に腰架けてる向かいに浸かりだす。

私のマネをするようにと二人に伝えていたので、おじさんにお尻を突き出すように
お尻を見せて、タオルを絞ると二人もマネして同じようなポーズ!
私は、調子にノリ、おじさんの顔近くまで、突き出した記憶が・・

そのまま、上がり身体を洗い帰りは、チン●の話で盛り上がり
また行こうねぇと約束して、帰りました。(これ以降銭湯なし)
今でも、まゆちゃんとふーちゃんとは仲良しです。
銭湯には行かなかったけど、混浴温泉には、彼氏を連れて遊びに行きました。(2回)
プロフィール

えむわん

Author:えむわん
当サイトは、主に2ちゃんねるの萌えた体験談コピペスレより、
さらに萌えるコピペのみ厳選したサイトです。

ここに掲載されている体験談は、ほとんどが作者の妄想から生まれたものです。
実在の人物、事件とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR