女子とどんな話をしたら良い?

↓なんか、結構ちゃんと答えててためになったので。


■けんたろーさん@兵庫県からのご相談

■タイトル
 女子とどんな話をしたら良い?

■相談内容
はじめまして!saiさん!

現在大学4年で神戸に生息しておりますけんたろーです!
いつもsaiさんのブログみてニヤニヤしたりおにゃのこ相手に実行したりしております。

最近感じている悩みなのですが、相談してもよろしいでしょうか?(相談者がおなごでなくてすいません)
saiさんは2回目3回目くらいに面接する女の子とどのようなトークをしているのでしょうか?
最近2回目3回目くらいに会う女の子とどのような会話をしたらいいのか悩んでいます。
時間があるときでいいので、回答してくだされば嬉しいです。





--------------------------------------------------------------------------------

■Saiのコメント

こんにちは!イチスス管理人のSaiです。
けんたろーさん、この度はメールいただきましてありがとうございます。
気軽に話しかけていただけるの、Sai嬉しいですよ|ω・)b

> 最近感じている悩みなのですが、相談してもよろしいでしょうか?
> (相談者がおなごでなくてすいません)
> saiさんは2回目3回目くらいに面接する女の子とどのような
> トークをしているのでしょうか?
> 最近2回目3回目くらいに会う女の子とどのような会話を
> したらいいのか悩んでいます。

んーなるほど、2回目3回目に話す内容とのこと。

それは、一度過去に初対面で会っている女子と、
後日また会う女子のことを指しているという
認識でお話をしますね(・ω・)ゝ”

んでいきなり結論から入っちゃいますが、
格段、何を話さなければという意識とか義務感は
持たなくても大丈夫だと思いますよ?(゚Д゚≡゚Д゚)?

過去:昔あったこと でも、
現在:今けんたろーさんがやってること、感じていること でも、
未来:これからやりたいこと 目標としていること でも、

けんたろーさんが頭に浮かぶ話題、話したい話題を、
フリーな気持ちで女子にぶつけて大丈夫だと思います|ω・)b

んでもって、話題に困った時ようにイチススHPでも
タノシクハナスコツなるものを用意&紹介してますので、
( http://ichisusu.com/main_koramu_012.html
こちらを見て頂けると宜しいかと思います^^

しかしだ( ゚Д゚)ウマー

実はSai、ひとつだけピンと来たというか「もしかして・・・」と
思ったことがあるので言っても良いですか?

おそらくだけど、たぶんけんたろーさん頭イイ男子じゃないかなぁと。

んで、女子と知り合って初対面でぬぷぬぷ生本番だったりゴム付きセックスなりで
とりあえずの目標の対局はしちゃいましたと。

んで、やっぱり女子は対局(セックス)するとその男子の事を好きになったりするワケで、
女子の方から「ねぇねぇ次はいつ会える?遊ぼうよ?」ってデートのお誘いが来ましたと。

そういう流れで同じ女子に2度目3度目に会うんだけど、けんたろーさんは話題選びに困る。

その理由というのは、もしかして・・・

「本当はこんなこと話したいんだけどこの子に言っても分からないだろうなぁ・・・。」
「この女子悪い子じゃないし性格イイんだけど、話しててつまらない・・・。」

みたいな状態なんじゃあないかなぁと、Sai思うワケです。

・・・だとすると解決方法はカンタン、単純明快(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

けんたろーさんのお眼鏡にかなう女子が見つかるまで、
どんどん一期一会を重ねてみるとイイと思う次第であります|ω・)b

その中でね、「また会いたい!」「また話したい!」「俺の話を聞いてよ!」
ってけんたろーさんの方から思える女子だったり、
けんたろーさんが話したい内容にバッチリ同じレベルでついてきてくれる女子が・・・

きっと居るってばよ!(・ω・)ゝ”(なぜナルト風w)

・・・とまぁ以上、Saiの所感であります!

それでは失礼いたします!
けんたろーさんも素敵な対局生活を♪

                         Sai

イチャイチャする高校生カップルが物置に入ったので覗いてみた

近所の公園でよく下校時にデートしている高校生カップルを目撃するようになった。
日に日にお互いの身体を密着させていくので仲の深まり具合が分かる。
ある時、そのカップルが周りの目を気にしながら公園内にある物置に入って
いくのが見えた。
もしかしてやる事ヤルのか? 俺は後を追い、元々ボロボロ物置の隙間、
(覗き穴)を探した。



そこいら中に割れ目や穴があり、案外簡単に中に入ったカップルを
覗き見ることが出来る位置を確保できた。
既にカップルは荒い息をしながらディープキスの最中だった。
せっかく人目の無い場所に入ったわけだから、手を握って
「チュ」位の軽いキスでもするんだろうな。とは思ったが、
予想と違い、かなり濃厚なキスをしていた。

お互いの唇を貪り食い合うような、その年代がしそうなキスとはかけ離れた
大人のキスが終わり、一息つくと男の口は彼女の耳に軽くキスしてから
首筋に唇を這わせている。
このカップルどこまでするんだ?俺の期待は膨らんだ。
「・・・もいいよね?」と聞こえたが、何がいいのか迄は聞こえなかったが
今度はさっきとは違った軽いキスをしてから、男が彼女の上着の制服を
捲り上げた。

そして、白いブラが現れホックを外すことなく、両手で
ブラを捲り上げると、Bカップ位の形の良い胸がプリンと出現。
ネット上やAVに出てくるようなおっぱいとは違ってまだまだ発育途上。
男は少しかがむような姿勢なり興味津々というような感じで両手でその
発育途上の旨を揉んでいる。
「かわいいよ」とか「え?あまり大きくないよ…」などと
震えるような小声で話をしている。

男が胸を揉むのをやめ、右のピンク色のツンとした乳首に口をつけ始めた。
ジックリ女の子のオッパイの味を味わっているようだ。
そして次は左の乳首を吸う。覗いているこちらまで男の乳首を吸っている
「チュパチュパ」という吸い付く音と荒い息が聞こえてくる。
その間女の子は目を固く閉じていて、一切声を出していない。

男は左、右と吸う胸を変えると、空いている方の胸には必ず手を軽く当てたり
揉んだりするようになってきた。女の子の方も、最初は一言も声を出さなかったが
「あっ」「ぁん」などと声を漏らすようになり、その声・息にも「感じている」
ような熱がこもってきた。

男が初めて胸に口付けしてから5分くらい経過しただろうか、
男が「・・・もいいよね?」女の子「・・・までなら」
例の如く覗いている位置からは詳しく聞き取れなかったが、女の子の前に
しゃがみこんだ男の手は
短い制服のスカートへ。男は両手でスカートを捲り上げた。短いスカートなので
直ぐに女の子の純白のパンティーが露になった。

男は左手でスカートが下がらないように、パンティーが隠れないように
巻くり上げて、露になった純白パンティーを舐めるように凝視しながら
右手で女の子の太ももを触っていた。男の荒い息づかいが完全に覗き穴まで
聞こえる。

また何か会話したようだが、全く聞こえない。
すると男はパンティーの上から女の子の尻を撫で始めたが次第に力が入り、
尻を掴むような触り方に変ったが、「や!」というと
女の子は少し尻を引くようなそぶりを見せた。
次にその手は前に…だが、
女の子は両内ももを固く閉じて股の間には手を入れさせない

男も無理に手を股の間に入れようとはしないようだ。
だが、最初にスカートを巻くりあげた時とは違いタッチする手にも
力が入っている。
太ももや尻を摩るように触っては
女の子の力の入れ具合と態度に気を使いつつ
その合間にパンティの股の部分、女の子の「割れ目の部分」に手を伸ばすも
女の子に腰を引かれたり、身体をよじられててしまい満足に触らせて
もらえないようだ。

次第に男も集中して女の子の「割れ目の部分」に手を伸ばし始めた。
結構、力を入れて手を差し込もうとしているが、
そうすると女の子がかがむ様に腰を引いてしまい、
どうにもならないようだ。
男の手は女の子のへそと一番触りたい割れ目
部分未満のパンティーの上の間を右往左往している。

男はたまらなくなったようだ。
男「○触らせてくれよぉ~」
女の子「えぇーーーーー」
男「お願い」
女の子「だめぇ、ここまでって約束したじゃん」
どうもここに入る前に何やら条約を結んでいたようだ。
割れ目は触らせないというような条約なんだろう。

男「たのむよぉ、見せてくれよぉ~」
女の子「だめぇ~」完全に覗いてる場所まで聞こえる。
と女の子が言った瞬間、男は顔面を女の子のパンティーに押し付け
両手をパンティーに掛けた。パンティーを本気で引きずり下ろそうと
している。

女の子が「ヒャー」とも「キャー」とも取れる声を上げた。
周りに聞こえるのでは?と思えるくらいの大きな声だった。
女の子は屈むようにして
パンティーを下ろされないように両手でパンティーをギュッと掴んで
抵抗している。

覗いている位置からでは見えなかったが、女の子の尻が
完全に見えるところまで後ろの部分はパンティが下ろされてしまったが、
女の子の手がパンティの前左右の要所を押さえていたため、
幾ら男が必死に下ろそうとしても「見たい部分」迄は下ろせない状態だったのだろう。

男が更に力を入れた。覗いているほうにもその必死さが伝わってくる。
女の子がもし手を離したら完全に膝迄パンティーは下ろされる。
女の子「ホントにヤダ!ありえないんだけど!」

男「・・・」(必死にパンティーに手をかけて下ろそうとしている)
女の子「ホントにやだぁー、そこまではダメぇー」(本気泣か?)
男「・・・」

覗き位置から見える状態は、
女の子が立った状態で、男は女の子の制服ミニスカートに頭を突っ込んで
パンティー前部に顔面を押し付け両手でパンティーを必死に下ろそうと
していて、尻の方のパンティーは完全に下ろされているが、肝心の「前」が
どうしても下ろせない。。

パンティーが男に引っ張られて伸びているので
巻き上げられていたスカートが元の位置に戻っても、裾のほうから
下げられつつある白いパンティーの一部が見える。
「がんばれ男!」と俺が思ったとたん、男はパンティーから手を離した。
女の子が本気で嫌がっているので、泣く泣く諦めたらしい。

男は泣かせてしまった女の子の顔を覗き込むようにして
暫く謝っているようだった。男は女の子を軽く抱き寄せ、
耳元で何か囁いている。
女の子は男のいうことに何か頷いているが、なかなか泣き止まない。

泣き止んだか、止まないか位の時にまた男が女の子の耳元に何か囁き、
女の子が涙を拭きながら頷いた。
すると男が自分のズボンを下げはじめ、トランクスをさげて下半身むき出しの
状態で、泣いていた女の子の頭にそっと手を置いて、
男の下半身に頭を持っていった。

驚いたことに、女の子は躊躇無く男の股間に顔を近づけていった。
覗き場所からはよく見えなかったが、フェラしているのは明白だった。
女の子は男の股間に顔をうずめて、いかにも物を咥えているように頭を
動かしていた。男は快感に浸り目を閉じながら、
女の子の頭を両手で抱え込むようにてを添えていたが、

2~3分すると、女の子の頭をきちんと抑えて
自分の腰を振るような、所謂強制フェラをさせている状態になった。
女の子もたまにむせたりしながらも一生懸命それに答えるように
男の股間に顔をうずめていた。

数分後、
男「そろそろ・・・どうしたら・・・」
女の子は股間から顔を上げ何か言っているようだった。また直ぐに
男の股間に顔をうずめる。男の吐息と「チュパ、チュパ」という
音が聞こえてくる。

その1~2分後、男が「あっ、ヤバ!」と声を上げると
女の子は股間から急いで顔を離して、男の横脇に座り直し、
今度は股間を掴み手を動かした。その光景は覗き場所から丸見えだった。

数秒後、
男の押し殺した声で「イク!!」という言葉と同時に反りるように勃起している
竿先から白い液が3・4回に分けてピュっ!と凄い勢いで発射された。
俺から見ても、何メーターもその白い液は飛んだように見えた。
すげー勢いでイッタな!と感心していると、

男はズボンを上げながら
女の子に何言か話しかけると、
女の子はニコニコしながら「凄い飛んだー」「堅かった」
と言っているようだった。
結局、この高校生カップルはSEXはまだで、女の子が男に
マンを触らせず・見せずもフェラはするという妙な覗き体験が出来た。

秀才の陥落(性的な意味で)

高校の時に放課後見たエロい出来事。 
公舎裏で同じクラスの子が女子に羽交い締めにされ、正面から別の女子におっぱいを触られてる場面に遭遇。 
制服の上からおっぱいを責められてる子は、いつも成績トップクラスの秀才メガネっ子Iさん。 
見てはいけないと思いながらも好奇心には勝てず、そっと物陰から様子を観察することに。 
おっぱいを攻撃してる女子はIさんが抵抗できないのをいいことに、揉んだりつついたり。 
時折ガードできずに無防備になっている脇の下をくすぐったりと、やりたい放題だった。 
最初Iさんは「アハハハハくすぐったい」と体をくねらせてくすぐったがっている感じだった。 
しばらくして「ちょっと待って本当にやめて」とIさんの声に焦りが混じり始めた。 
「何かヘンなのおかしくなっちゃう」とIさんは必死に懇願するも、おっぱい責めは終わる気配がない。 
それどころか責め手の女子はIさんのおっぱいの中心、乳首を指でつまんでクリクリとやり出したのだ。 
すぐにIさんは口をパクパクさせて「あっ、あっ、あっ」と甘ったるい声で、苦しげにあえぎ始めた。 
Iさんの手が助けを求めるように空をつかんでもがき、内股になった脚がぶるぶる震えてたのが印象的だった。 
そしてついに。 
「んああああああああああっ!」 
Iさんは甲高い声で絶叫し、体をビクンビクンと激しく痙攣させた。 
その姿を見て得体のしれない罪悪感を感じた自分は、マッハでその場から逃走した。 
当時は何が起こったのかわからなかったけど、きっとIさんイっちゃったんだろうなあ。 
ちなみにこの出来事の後2日間、Iさんは学校を休んだ。 
再び学校に来た時にいつも通りだったけど、こっちは恥ずかしくてしばらくIさんを直視できなかった。 




この時のキスが俺のファーストキスでした

中学2年の頃、授業中、最後列の席だったんだけど、
隣に座ってる女子のスカートの中に手入れてお尻触ってたなぁ。
別に彼女でも何でも無いただのクラスメートだったけど、見た目は普通な娘だと思う。
初めて触った下着のすべすべ感がめっちゃ興奮したよ。
めっちゃ色白で中学生にしては出るとこ出ててさわり心地良かったように思う。
もちろんばれてたけどね…。
でも授業中だからか、その娘が必死に我慢してて、スカートの裾たぐって、俺の手がスカートに入れないようにしてたな。
それが逆に興奮して、一瞬だけ、下着の隙間から指入れて生で触ろうとした。
けど、さすがに抵抗が本格化したのでそこまではあきらめて撫で回すに終始したよ。



授業の後はその娘が仲の良い友達に相談したらしく、一部の女子からは俺の扱いがぞんざいになった。
でも、男子にもその話は伝わったんだけど、みんなが「あいつはそんなことしない」って言ってるのが聞こえてうれしかったなぁ…。(しちゃったんだけどさ)
結局、先生にも言わないし、直接も言ってこないから、その後も授業中にちょくちょく触らせてもらってた。
結局、周りではその娘が嘘ついてるのか、俺がホントにやったのかは曖昧なまま普段どおりに戻ってったよ。
で、3年になっても同じクラスだったんだけど、ばれないってわかったらだんだんエスカレートしてくもんでさ。
放課後にこっそりその娘のリコーダーを拝借してトイレの中でオナった。
出した液をリコーダーの口のとこに塗って戻しておいて、次の日の音楽の授業で
そのリコーダーを吹いてるのみてめっちゃ興奮した。結局、卒業までそんなことを続けてたなぁ。
席が隣り合ったのが合計3回だったから、50〜60回くらいは授業中にお尻触ってたんじゃないかな。

受験シーズンが近づいたらさすがにその行為は止めたけどね…。受験に響くとまずいじゃない?
そしたら、だんだん罪悪感が芽生えてきてさ…。やってることはやっぱいいことじゃないとは自覚はしてたわけですよ。
で、ちょうど卒業式の日に、たまたま帰り道にその娘見かけたから呼び止めたわけよ。
近くに公園あったから、「ちょっと話したいからそこの公園で」って。
まぁ、なんていうか、こんなにずっと続けるつもりも無かったし、
のちのちの同窓会とかで暴露されたらいやだなって思ったから、けじめをつけておこうかなと。
「その…ごめん。こんなつもりじゃなかったんだけど…。」って言ったら、いきなりバチンってほっぺた叩かれた。
「どんなつもりなの!あたし、被害者なのに!うそつきって友達に言われて…」とかなんとか…。
そこで俺も我慢すりゃいいのに…つい「じゃあ、されてるときに言えばよかったんじゃねーか!」って言っちまった。
自分が悪いのはわかってんだけど、むかついたからそのままトイレに連れ込んだ。

とりあえず、無理やりキスして、胸もんで、お尻揉んでってしたら勃起して、このまま最後までしてやる!って思った。
けど、そこまでいくと訴えられんじゃないか?証拠残っちゃうんじゃないか(精液とか怪我とか)?
犯罪者になっちまうんじゃないか?今ならまだ、周囲の友達は俺の味方だし、セーフなんじゃないか?
っていう意味のわからない思考が俺を支配して(既に犯罪なんだが)、急速に萎えた。
で、めっちゃ怖くなって、もうその娘の服を半分脱がしてたから、急いでそいつの写メ撮って、
「ばら撒かれたくなきゃ黙っておけよ!」っていって猛ダッシュで逃げた。
写メは焦りすぎててボケボケで何が映ってるかも良くわからない状態だったけど…効果はあったんだと思う。
ただ、逃げるとき、そいつの卒業証書の筒を踏み潰しちまった…。それはマジで悪かったと思う…。

ちなみにこの時のキスが俺のファーストキスでした…。
結局そいつとは二度と会ってない。中学の友達は今でも仲良しだし、意外に俺って人望あったんだっておもった。
最後までやってたらさすがにやばかったろうなって今でも思う。でも正直惜しかったような…。
中学の授業中に14歳のお尻を撫で回す体験ってのはレアなんじゃないかと思って投稿してみた!(リコーダーに精液も)

ヤンキーと石野君

かなり昔の話をふと思い出したので書かせてもらいます 
 
高校二年生の時、俺の通学の道中に有る商店の二階に石野(仮名)っていう同級生が下宿していた 
同級生っていっても俺は技能クラスのヤンキーグループに属する人間だったのに比べて 
石野は特進クラスの頭のいいやつで、そのクラス内でもかなり上位の成績だったと思う 
ただ、今でいう所のコミュ障気味でしかも地方から出てきてて知り合いもいなかったみたいで 
いつも、一人でトボトボ帰ってた 
 


だから、学校では全く接点も無かったんだけど俺がそいつの下宿を発見してから、勝手に俺のグループの溜まり場にさせてもらっていた 
勝手に合鍵を作って授業をサボって部屋主不在でテレビ見てたり、麻雀したりやりたい放題で 
石野にしたらかなりの迷惑だったと思う 
 
そんなある日、合鍵を忘れた俺は鍵を借りようと石野のクラスに行った 
そこで目にしたものはなんと数人に閉め技を掛けられて苛められている石野だった 
特進クラスの連中は俺が教室に入って来たのを見て皆固まってたけど 
俺はそのまま石野の所に行って 
「鍵貸してくれ」と、だけ言って石野に鍵を持って来させた 
そして、その日は鍵だけ受け取るとそのまま下宿に帰ったんだけど 
何となく石野が苛められている事を考えると苛々した(要するに自分の苛めてるやつが 
他のやつに苛められてる事にムカついたんだと思う) 
その日は俺しか下宿にいなかったんだけど、後から下宿に戻ってきた石野に苛められてるのか?と尋ねたら、最初は「プロレスごっことかしてるのに付き合わさるてるだけだよ」とか言って誤魔化してたけど 
俺が問い詰めると実は毎日そうとう酷い苛めに合っている事を告白してくれた 
翌日から俺は石野の教室に行って「今日は4時に行くからな!」とか 
合鍵持ってたけど、わざわざ石野に借りに行ったりして毎日一回は顔を見せて石野と普通に話して教室を後にするようにした 
1~2週間もすると、それが効いたみたいで石野は苛めグループに話し掛けられる事も無くなったようだった 
 
それから、何ヵ月か過ぎて三年生になった俺は二年の頃からやってたバンド活動を本格的に始めていて 
石野もいよいよ受験って事で勉強の邪魔をしてやるのもかわいそうだと思い下宿に行かなくなった 
で、そうなると心配なのが石野を苛めてたやつらの事だった 
いくら、毎日俺が石野の教室に行っていたといっても周りから見ればヤンキーと使いっぱしりの関係にしか見え無かっただろうし 
(実際は、ヤンキーグループの連中は別にして俺と石野は結構仲良くなってたんだけどね) 
その、ヤンキーが来なくなったという事は石野が飽きられてもう関係無いと思われて、また苛められるんじゃないかと心配になった 
そこで俺は一つ作戦を考えた 
その苛めグループの主犯格も二年の途中までバンドをやっていたのを知っていたので 
久し振りに石野の教室へ行き、石野に「あいつにバンドスコア借りたいから呼んで来てくれ」と言って呼び出させた 
それで、主犯格にどんなバンドの楽譜を持ってるか聞いて翌日持って来てもらうよ頼んだ 
その間ずっと主犯格のやつは顔がひきつってたけどw 
それから、何度かそんな事を繰り返してたんだけど、必ず石野も一緒にその場に居させた 
横でボーッと突っ立ってるだけだったけどねw 
そうやってる内にその主犯格も俺に気を許してくれて、しかもやっぱ特進クラスのやつだけ有って頭いいのか知らないが 
何で俺がこんなに自分の教室に来たりするのかも分かってたみたいで、最後には 
「もう、石野を苛めたりしないよ、石野ごめんな」と、謝ってやってくれた 
 
それからは、俺も教室には行かなくなった 
たまに廊下ですれ違ったりしたら石野も主犯格だったやつも「おう!」って軽く挨拶する程度の関係 
それを見てる俺のグループの奴等は俺の事を不思議そうに見ていた 
プロフィール

えむわん

Author:えむわん
当サイトは、主に2ちゃんねるの萌えた体験談コピペスレより、
さらに萌えるコピペのみ厳選したサイトです。

ここに掲載されている体験談は、ほとんどが作者の妄想から生まれたものです。
実在の人物、事件とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR