『ピザの起源は韓国』

【韓国BBS】『ピザの起源は韓国』CM「韓国人として恥ずかしい」
(サーチナ - 11月03日 12:00) 



 米国で展開している韓国系のピザチェーン店「Mr.Pizza(ミスターピザ)」が制作した、ピザの起源は韓国だと主張する自虐的なCMが、韓国内で話題となっている。

 CMでは、「ピザの韓国起源説」をドキュメンタリー風に仕上げている。ピザの起源は韓国にあるとし、「マルコ・ポーロは、韓国からピザを盗んだ泥棒」「イタリアは韓国に謝罪しなければならない」といった内容が含まれている。また、CM中に登場する地図上では「日本海」が、「EAST SEA(東海:韓国内における日本海の呼称)」と表記されている。

 韓国のコミュニティサイト、「etorrent」の掲示板では、スレ主が、このCMを紹介した。それに対し、さまざまな意見が寄せられた。以下、韓国語による書き込みを日本語訳した。( )内は編集部の素朴な感想。

―――――――――――――――――――――――

●スレ主:脚が
 ミスターピザの広告プランナーはいったいどうしたんだ。おかげで韓国が、世界中から失笑を買う羽目に。

―――――――――――――――――――――――

●アロンダイトゥ
 日本の嫌韓たちが、今がチャンスとばかりに各国の字幕を製作してまき散らしています。ミスターピザのせい。

●チョコパイマン
 なんなの、これ。

●広い海
 まともな考えもなくこんな広告を作ったのは、韓国の恥さらし。

●ピンと
 これって、フェイク形式広告ではないのですか? 

●脚が(スレ主)
 自分たちはフェイク・ドキュメンタリーCMのつもりで作ったようだが、それがものすごく面白くない。外国でバッシングを受けそう。 

●ワイバーン
 どう見てもフェイクCMなのに(笑)

●サイボーグ11
 マルコ・ポーロは韓国に来なかったのでは。 

●クチェルゲ
 それでも「「EAST SEA」と表記されていたよ(笑) 
(日本海の呼称問題は、CMにまで反映されているようですね)

●ハヒヘホヒフ 
 恥ずかしい。

●脚が(スレ主) 
 外国(日本や中国)は、韓国は何でも自らの起源だと言うと非難しています。孔子、毛沢東、テコンドーなど、その中の相当数は、間違って伝わっていることも多いけど。しかし、こういう広告が出てきたことは、かえって問題。その上、この広告は冒頭で中国をばかにしています。 もし日本で、フェイク・ドキュメンタリー形式のCMがあり、キムチは本当は日本が起源だという広告が出てきたら、笑えますか? 

●青天夜
 冗談にもいろいろあるけど、これはちょっと冗談がきつすぎるようですね。本当に同じ韓国人として恥ずかしい。 

●倒すハイド 
 これはただのユーモアのある広告、勘違いする人は無知なんだろうね。

●パウォギモチ 
 序盤からジョークと知らせるのになぜ問題視?

●カズマ77
 うん、序盤に中国人がアメリカンスタイルで大きいジェスチャーをしていることを見れば、コメディというのが明確。

●犬ぷうっと雨
 ジョークのつもりで作ったものだが、イタリア人のピザに対するプライドは、私たちのキムチのようなものなので問題になりそう。 そうでなくとも2002年のワールドカップ以降、韓国に対する国民感情は良くないようなのに。

●cobalt
 見方を変えれば普通に笑えるCMです。深刻に見る必要なし。 

●地下独尊醜男
 やりすぎちゃったんだね。

(編集担当:李信恵・山口幸治)

日本人よりも韓国人の身体が欧米かっ!

韓国人の体形が欧米化している?
2011.11.3 12:00 (1/2ページ)[なぜ解きコリア] 



ソウルドラマアワーズで司会を務める身長174センチの韓国の女優、ハン・ゴウンと身長180センチの韓流スター、リュ・シウォン=2011年8月31日、ソウル(AP)
 【今回のなぜ?】 日本人よりも韓国人の身体のほうが大きく欧米化している?

 【解説】 日本に進出している韓流スターたちをみると、抜群のスタイルの人が多いことにお気づきと思います。実際、韓国人の体形は脚が長く、背は高くなり、欧米人に近い体形になっているようです。

 平均身長を比べてみると、日本人よりも韓国人のほうが高くなっています。韓国知識経済省傘下の技術標準院の調査結果(2010年)によると、20代の韓国人の平均身長は男性が174センチ、女性が160.5センチでした。一方、日本人は男性の平均が170.5センチ、女性が158.3センチで、男女ともに韓国人のほうが平均身長が高い結果となりました。

 技術標準院の調査は1979年に始まり、5~7年ごとに実施しています。韓国人の平均身長は調査のたびに高くなる傾向を示していましたが、今回の調査結果は前回の2003年とほぼ同じ数値だったので、韓国人の身長の伸びは頭打ちに来ているようです。

 さて韓国男性の平均身長を欧米人と比較すると、イタリア人(171.4センチ)よりも高く、ドイツ人(175センチ)やアメリカ人(175.9センチ)に近くなっています。最近、K-POP界を席巻しているダンスボーカルグループ「超新星」はメンバー全員(軍隊に入隊したユナクを含め6人)が、身長180センチ以上というモデル並みのスタイルを誇っています。

 韓国人の体形に話を戻すと、身長の伸びは止まっても、20代の体形を細かくみると脚が長くなっています。身長と頭部の長さの割合は男女ともに7.3対1で、40代(7.2対1)よりも8等身に少し近づいています。

 また20代の女性の場合、脚の長さは同じ身長の50代の女性と比べて2センチほど長くなっています。現在、NHK・BSプレミアムで放送中の韓国時代劇「トンイ」に出演しているハン・ヒョジュさんに直接、会って驚いたことがあります。身長170センチで脚がスラリと伸び、顔はお人形さんのように小さく、まさに8等身美人でした。

 最後に、韓国の女優はなぜイブニングドレスがよく似合うのかということにも触れておきたいと思います。韓流スターたちがドラマ・アウォードなどの授賞式でみせる艶やかなドレス姿を目にしたことがある人なら、日本人と同じ東洋人なのにハリウッドスター並みに露出度の高いドレスを着こなしていることを不思議に思われた人もいるのではないでしょうか?

 彼女たちが欧米人と遜色なくイブニングドレスを着こなせるのは、背が高いことはもちろん骨格が日本人と決定的に違うことが考えられます。それは女性の下着のサイズにも顕著に表れています。ブラジャーのサイズは、日本ではアンダーバストが65センチのものからありますが、韓国では一般的にアンダーバスト75センチのものが多いようです。肩幅も日韓でだいぶ違います。かなり細身の人でも韓国女性の場合、大概いかり肩で肩幅もしっかりあります。

 つまり日本人は骨格や肩幅が細身で、韓国人からみると日本女性が実年齢よりも若く見えるのは、日本女性のきゃしゃな体形にも理由があるのではないかと推察されます。

韓Fun記者(元ソウル特派員) 水沼啓子  

世界最“高”のプロポーズ

世界最“高”のプロポーズ? 飛行機の中で求婚大作戦
(ねとらぼ - 10月29日 18:40)



突然アナウンスし始める彼氏 写真:ITmedia 

 シカゴからニューヨークに向かうデルタ航空の機内で、突然乗客の男性が機内アナウンス用のマイクを手に取ります。「みなさんこんばんは。僕はマーヴィン。2年前にデルタの機内で出会ったすてきな女性とこのフライトに乗っています」。彼はついさっきまで隣の座席に座っていた恋人への愛を語り、彼女に告げます。「結婚してくれないか?」と。 

【動画:機内でドッキリ! 突然のプロポーズ】 

 このプロポーズ劇は、10月に実際に飛行中の旅客機の中で起きたもの。その模様は、YouTubeで公開されています。マーヴィンさんと恋人のアレクサンドラさんが2年前、同じフライトで知り合ったことから、デルタ航空の協力を得て企画しました。 

 アレクサンドラさんは驚きながらも、「イエス」とプロポーズを快諾。2人はキスを交わし、周りの乗客からは祝福の拍手。さらに、お祝いとして乗客全員にシャンパンが振る舞われました。 

 2人の出会いのきっかけは、アレクサンドラさんがマーヴィンさんのバッグがパンパンに詰まっていたのをからかったことだそうです。それにしても、出会いのきっかけが機内だったからといって、プロポーズ大作戦に協力してくれるデルタ航空も粋です。 

わが国に責任を押しつけるのは間違いbyギリシャ人

放漫財政・浪費家気質、ギリシャ緊縮は自業自得!?
2011.10.20 22:21 [海外経済] 



 「売国奴たちは国会から出ていけ」

 「国民はあなたたちを必要としていない」

 国会前のシンタグマ広場に集まったデモ参加者は、緊縮策に賛成する議員への抗議の叫びを上げた。

 ストに参加していた公務員のゾルツ・ペンタレスさんは「政府の人件費削減で給料が50%カットされる。これでは生活できない」と、不安を訴える。だが、ギリシャの債務危機が世界的な経済問題となっていることについては、「わが国に責任を押しつけるのは間違い。緊縮策をやらなかったからといって、危機が広がるとは思えない」と、人ごとだ。

 そもそも債務危機は、2009年の政権交代で、旧政権による財政赤字の“過小粉飾”が発覚したことが発端だった。1980年代以降、左派と右派が政権交代を繰り返す中で、両派が国民の支持を得るため、年金など社会保障を充実させたうえ、支持者を公務員に積極採用し、公共部門を肥大化させた。

 さらに2001年のユーロ参加によって、低金利で国債を発行して資金を調達できるようになり、放漫財政に拍車がかかった。

 日本貿易振興機構(ジェトロ)欧州ロシアCIS課の前田篤穂課長は「普通なら国民が借金のツケを払うが、EUの相互扶助的な支援があり、外部依存が高まった」と指摘する。

 一方で、昔からの観光や海運産業に寄りかかり、新たな産業の育成を怠った結果、「国際競争力で取り残された」(前田氏)。

 ギリシャの国民性も財政破綻の一因だ。アテネ在住日本人は「ストに参加している人の自宅を訪ねてみると、大理石がふんだんに使われた豪邸に住んでいる。小型船を持ち、バカンスはエーゲ海の島で過ごしている」と冷ややかだ。

 楽天的で浪費家の南欧気質に加え、相続税などの負担が低いことが豊かな生活の背景にある。

 「福祉のために政府がお金を借り、借金がだんだん大きくなって爆発した。私たちは楽な生活に甘えていた」と話すのは、弁護士のマルガリティ・アダさん。国民からも自省の声が聞こえてくる。

 納税意識も薄い。ジェトロによると、ギリシャでは脱税がGDP(国内総生産)の4%に上るとされる。ある日本企業社員は「領収書を要求すると、店員が散々嫌がったあげく、『うちの店が初めて出す領収書だ』と言って、手渡された」と明かす。領収書を出すと、売り上げがごまかせなくなるためだ。

 ギリシャはアラブ諸国との境界にあり、欧州や米国にとって地政学的に重要な国と位置づけられてきた。そのため、「国民の中に欧米が自分たちを見捨てることはないという甘えがある」(日本企業駐在員)という。

 独仏など欧州主要国は、23日のEU首脳会議での包括策の取りまとめに向け、ギリギリの調整を続けている。ギリシャ支援では債務削減のため、民間投資家の損失割合を拡大することによる「秩序立ったデフォルト」(金融当局者)を模索している。だが、ギリシャ救済のための負担増に対する欧州各国の不満は強まるばかりだ。包括策が決裂すれば、世界的な経済危機に波及しかねない。世界がギリシャに揺さぶられている。(田村龍彦)

台湾の子とセックスしたった

今までに数回の台湾渡航経験あり。全て個人旅行。
台湾に行ったきっかけは学生時代の研修旅行。

それまでは台湾ってどこ?ぐらいのレベルだった。

初めて台湾人とナンパからセックスしたのは2回目の台湾
初台湾で味を占めた悪友と私は3人で2ヶ月後ぐらいに台湾にカムバックw
だってモテるんだものw



初めての台湾で悪友たちと初めてClubへ行った。
普通の踊るほうな。
そこでナンパしたら結構モテるんだなこれが。

その時はClubでナンパした子といちゃいちゃしたり
あろうことか大学で宿泊してるホテルに連れ込んだりして
そこでもセックス手前までしていた。

ちなみに後輩達に研修中の我々の話は武勇伝として語り継がれていたw 

2回目の台湾で台北の某有名Clubに足を運んだ私。
そこで彼女と出会う事になる。

Clubで出会った彼女。
当時27歳で会社員。台北には違う街から旅行に来ていた。

大学で日本語を専攻していたらしく片言の日本語で会話が出来た。
今まで台湾人とはカタコトの英語で話していたため
彼女が日本語が出来るのはありがたかった。 

ナンパした彼女(仮名リンリン)とはバーカウンターで話したり、
一緒に踊ったり、出入り自由なClubだったので外に連れ出してお話した 

リンリンとは番号を聞いてClubでバイバイした。
10日ぐらい滞在した学生の暇つぶし旅行なので
とりあえずまた会えるかな?程度にリンリンに翌日電話してみた。 

電話をかけるとリンリンは今日台北から自分の街へ帰ると言う。
電話口で「1ちゃんも暇だったら私の街に遊びに来てね。案内するよ。」
と言われた。思ってた以上にリンリンの食いつきがあるのかなとオモタ 

しかしここはアウェイ
相手の街とか何があるか怖いのでリンリンには
「暇な時があったら連絡するねー」と言って電話を切った
そして事の顛末を一緒に台湾に来ていた悪友に相談した

悪友は笑みを浮かべて一言
「台湾人は社交辞令言わないらしいぞw言ってこいよw」
謎のそそのかしをされた俺は
気づいたらリンリンに電話をかけなおした
すんなり彼女が休みの日に会うことになった 

その日が来た。リンリンが住んでいるのは
台湾第三の都市台中
俺は台北に友人達を残してリュック一つでリンリンの街を目指した 

高速バスで到着してリンリンに電話した
台中駅前のコンビニで待ち合わせた
そしてリンリンからヘルメットを手渡される
え?と一瞬戸惑ったが理解した
リンリンと原チャリ2ケツである 

恐々しつつ彼女の原チャに跨り駅を後にした
台湾は日本よりも交通事情が悪いためとにかく怖い
車も原チャも結構なスピードで飛ばしてくる
俺はリンリンのお腹に優しく捕まっておく

リンリンとはその日、オシャレなイタ飯屋に行ってパスタを食べたり
ショッピングモールへ行ったり、夜市に行ったりした
そして私が泊まるホテルもその場で予約してくれた

驚いたのはそれまでリンリンが全て奢ってくれたこと
悪いと思いせめて半分出すと何度も主張したが、
"私の街を私が案内するのだからもてなすのは当然"
のようなことを言ってた

台湾の文化なのかなと思ったが
後から聞くと彼女はどうやら裕福な家の娘のようだった

彼女はホテルまで送ってくれた
駅前のシティホテルみたいな所だった
自分から誘ったのか何となく雰囲気でそうなったかは
覚えてないが彼女も一緒に部屋まで来た

とりあえず部屋でTV見ながら後ろから抱きしめてみる
モーマンタイだった
膝枕してもらう
モーマンタイだった
気づいたらべロチューしていた 

べロチューしてたらリンリンは
「私シャワー浴ビルヨー」と言って風呂へ消えた
一緒に入りたいなと思った俺も全裸で風呂へ向かった

風呂へ一緒に入ろうとしたら「ダメダヨー」
怒られたw

俺もシャワーに入った後、2人でベットの上でゴロンってなった
「アナタ将来何二ナリタイー?」
「給料ガ高カッタラ日本ヘ遊ビ行ケルノニー」
リンリンの事をととても可愛いと思った
さっきよりもエロくべロチューした

リンリンは顔は加藤夏希風の濃い顔立ちだったんだが
色は白くて肌もとても綺麗だった
胸は綺麗でCカップぐらいだった
興奮してとにかく夢中で舐めまわしたの覚えてる

下のほうも攻めてみた
リンリンも次第に声が大きくなる
ニュアンス的には「ン…ン…」って感じで聞こえるんだけど
「ンニュ…ン…ンニュ」とあえでいて日本人と微妙に違うなと思った

驚いたのはそれまで「恥ズカシイヨ…」とか
言ってたリンリンも前戯が終わる頃には完全にスイッチが入ってた
入れ替わりで今度は俺が舐められる番になったのだが
これがとにかく上手かった
頭グリングリンされながらフェラされた 

スイッチの入ったリンリンはそのまま俺をマングリ返し
???
リンリンはべろべろと俺のアナルを舐めだした
アナルを舐められたのは当時初めてで
あまりの気持ちよさに声が結構出てしまったw

いざ挿入かなと思いリンリンに入れていいか確認してね
「サックシテ」と言われた。あぁコンドームかと思い
カバンに常備させておいたコンドームを装着した
薄明りに照らされたリンリンの体が火照っててエロかった

挿入したあと興奮してた俺は一心不乱で腰をふった
リンリンはセックスが久しぶりらしく
「大キイヨーチョトイタイ//」と言われた
それ以後優しいピストンを心がけた
リンリンは「ンニュ…ン…ンニュ」と気持ちよさそうだった

色々体位を変えたのち正常位で果てた
台湾旅行中溜まっていたので、とにかく出た
リンリンは肩で息をしながら俺の背中に手を伸ばし
自分の胸におしつけた 

リンリンとのピロートークで中国と台湾の政治問題とか
台湾の民族問題について熱く語ったのを覚えてるw

二回戦をしたのち
リンリンの家はママが厳しくて外泊が禁止らしく帰ると言った
服を着てリンリンを送ろうと扉の前まで来た時
リンリンがカバンをガサコソして俺に香水をふりかけてきた
??? 

「今日ハ私ノニオイデ寝テネー」
萌え死にするかと思ってリンリンにチューしまくった

翌日の夕方には俺は台北に帰る
朝からリンリンはまたバイクでやってきて
色々遊びまわった 

帰る前に土産物屋に連れてってもらい友人に土産を買う一方、
お金を出してもらった感謝から
リンリンにお菓子と貯金箱的なものを買ってプレゼントした
貯金箱を渡しながら"お金を貯めて日本に遊びに来て"と言った

駅に向かう道中の2ケツでも
"リンリンともう会えないのかも"と思うと急にせつなくなってきて
彼女のお腹により強くすがりついたのを覚えてる
リンリンも信号で止まる度にせつなげに私の手を触っていた

リンリンは駅の近くで唐揚げを買って
「電車ノ中デ食べテネ」言って渡してきた
電車切符を買って彼女と別れた
「また会いに来るよ」
「会エルノ楽シミニシテルヨー」
笑って振舞う彼女もどこか寂しそうだった 

リンリンと別れた後、駅のホームで泣いた
なんでかわからないけど気づいたら涙が出てきた
台中の駅のホームで涙を流す1人の日本人青年
周りはさぞドンビキだったろうw

帰りの電車内で寝ていると八角の匂いで目が覚めた
視線を横にやると、おじいさんが一心不乱に茹で卵を食べていた
電車の中でかよと思いつつも
俺も彼女から貰ったから揚げを口一杯頬張った

リンリンとはその後1回会ったきり
俺も台北で色々な子と遊んでるうちにリンリンの事は忘れてた
もう30過ぎか。結婚でもしちゃったかな
プロフィール

えむわん

Author:えむわん
当サイトは、主に2ちゃんねるの萌えた体験談コピペスレより、
さらに萌えるコピペのみ厳選したサイトです。

ここに掲載されている体験談は、ほとんどが作者の妄想から生まれたものです。
実在の人物、事件とは関係ありません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR